橋本隆史時計屋、信用販売

手首アクセサリ

ピアジェの最もホットなポロSウォッチには、キラキラと素敵な新しいモデルがあります。

 ピアジェは当時19歳だったジョージ・エドワード・ピアジェによって設立されました。これはピアジェの名前の由来でもあります。 その後の開発プロセスでは、ピアジェはムーブメントの設計と製造に焦点を当てただけでなく、時計とジュエリーの職人技を統合して優れた職人技を示しました。 ピアジェの中で最もクラシックなシリーズの1つとして、ポロシリーズは1979年に誕生しました。何年にもわたって磨き上げられた後も、私たちの心を動かし続けています。 今年の初めに開催されたジュネーブ国際オートホルモンフェアでは、ピアジェポロSウォッチに再び新しい活力が注入され、2019年のブランドのユニークなスタイルが解釈されました。 次に、非常に光沢のある明るいダイヤモンド時計モデルの1つに感謝するようになります。

VacheronConstantinヘリテージシリーズの新しいモデルを味わう

 Vacheron Constantinは、スイスの伝統的な時計製造のトロイカの1つです。時計モデルの絶妙なデザインや卓越した時計製造技術に関して、VacheronConstantinは時計業界でかけがえのない地位を占めています。 ブランドのエレガンスを代表するパトリモニーヘリテージシリーズは、ミニマリズムのコンセプトに基づいており、円弧と直線のバランスを追求し、スリムなケースに加えて、多くの時計で独自の個性を際立たせています。 今年のジュネーブウォッチフェアでは、ヴァシェロンコンスタンティンのヘリテージシリーズが初めてブルーウォッチを発売し、クラシックな両手時計からウィークカレンダーのレトログラードウォッチまでをカバーしました。このシリーズのエレガントなスタイルを維持しています。 ブルーは時計に不思議な色を加えます。 次に、3ハンド自動時計の1つに感謝します。

標準ポインターと特許取得済みのアルマナック、高価値のパテックフィリップコンプリケーション時計

 紳士が時計を選ぶなら、たくさんの選択肢があります。大きなスリーハンドと小さなスリーハンドが非常に適しています。 しかし、それが人生と仕事への異なるアプローチを持っている非常に洗練された紳士であるならば、彼は時計の選択において独特の排他性の感覚を持たなければなりません。 パテックフィリップの新しい複雑な時計は、そのさまざまなニーズを満たすことができます。絶妙なデザイン、ユニークな標準の手、パテックフィリップのユニークな特許取得済みのカレンダーは、現代の絶妙な紳士のために設計されています。

「スウィート」リチャード・ミルが見つけに来ました!

 今年のジュネーブウォッチエキシビションでは、リチャードミルはデザイン要素として食品の探求を、デザインの核心として無垢の追求を取り入れ、おいしい蜂蜜を再現した一連の「甘くてフル」な時計を発売しました。 夢のような色のコロケーションを示す新鮮な果物、各時計は子供の頃の夢を運びます。 以下では、甘い時計の1つを一緒に鑑賞しましょう。

手首の虹はゴージャスでカラフルです。テイスティングハブロットの新しい「レインボーサークル」ウォッチ

 近年、見た目の美しさで時計仲間に愛されている「レインボーリング」。ベゼルには虹の色に合わせた絶妙な宝石がちりばめられ、「レインボー」は手首の小さな時計に組み込まれています。 今年、Hublotは大胆に革新しました。2つの新しいBig Bangシリーズのレインボーウォッチには、色付きの宝石が埋め込まれています。色は、明るい赤、明るい蓮の赤、紫外線、クラインブルー、ターコイズブルー、柔らかいなど、カラフルです。 リーフグリーン、レモンイエロー、鮮やかなオレンジのさまざまな色は、驚くべきグラデーション効果を示します。 次に、Hublotが独自の「虹」をどのように解釈するかを見てみましょう。

IWCの新しいパイロットウォッチはあなたを風に乗せます

 1868年に誕生したIWCは151年の時計製造の歴史があり、IWCの歴史の中で最初のポケットウォッチの誕生以来、このブランドはスイスの時計業界で多くの成果を上げてきました。 今年の初めに開催されたジュネーブ国際高級ホルモンフェアで、IWCは一連の高価値で高性能な時計を徹底的に作成しました。 その中でも、TOP GUN海軍空中戦闘力シリーズの時計は、革新的な素材を取り入れて、硬くて傷のつきにくい手首時計を作成しています。 次に、このTOP GUN海軍航空戦闘部隊シリーズのクロノグラフを例として取り上げ、IWCが今年の新しい時計にどのような変更を加えたかを確認します。

コンパクトボディにトリプルセンサー&マルチバンド6電波ソーラーを搭載

装着性の良さ、時刻を含めた各種データの読み取りやすさ、そして操作性に優れるコンパクトなプロトレックとして開発された「クライマーライン PRW-30」は、カシオが持つ高度なテクノロジーによって生み出された2つの独自機能を備えている。しかも税込み4万円台に収めているのも特徴だ。

カシオ独自技術のひとつが、「トリプルセンサー」。方位、高度・気圧、温度を計測する機能で、しかもそれらの表示をケース右側に配置されたボタンをワンプッシュするだけで起動できる。トレッキングなどの野外活動中は、方角や高度をチェックしたり天気の予想に役立てたりと、何かと環境の確認が必要となる。そのようなシーンでトリプルセンサーはユーザーの心強い味方となってくれる。

ORISの伝統的なプロダイバーズのスペックを小振りなサイズで

「アクイス デイト」Ref.733 7732 4155 26万4000円/自動巻き(Cal.Oris733)、毎時2万8800振動、38時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(タングステンインサートベゼル、シースルーバック)&ブレスレット。直径39.5mm(厚さ12.6mm)。300m防水
ダイバーズウオッチのアイコン的な存在であるアクイスに、ビジネスウオッチとしても使いやすい39.5mm径のニューバージョンが登場。オーシャンブルーのグラデーション文字盤と、硬質なタングステンを表面に使った逆回転防止ベゼルが特徴的だ。風防は両面無反射コーティングを施したドーム型のサファイアクリスタル製で、傷がつきにくい仕様になっている。 

エドックスが得意とするラグジュアリーダイバーズにまた新たな注目株が加入

エドックスといえば、真っ先にイメージするのが「クロノオフショア1」という人が多いだろう。ハイスペックにしてタフ、そしてダイナミックなダイバーズコレクションで、同社フラッグシップに位置付けられている。しかしまだまだ魅力的なラインナップが存在し、発表されたデルフィンも同じダイバーズながらこちらの方が歴史が深く、スタイリッシュな意匠によって洗練された雰囲気を放っている。

新作「デルフィン メカノ オートマティック」は、1961年に旋風を巻き起こした防水時計の末裔として相応しい一本といえる。オリジナルモデルは、ケース内部の気密性を高める二重のパッキンを備えたリューズ機構「ダブル- Oリング」の特許を有した革新的なタイムピースであり、その高機能を本機も受け継いでいる。

これぞ、ボール ウォッチらしい技ありコンプリケーション

メカニカルタフウオッチを得意とするボール ウォッチは、独創的なアイデアを具現化するブランドとしても注目を集めている。フラッグシップコレクションの最新作となる「エンジニアマスター Ⅱ ナビゲーター ワールドタイム クロノグラフ」も、自社開発モジュールをクロノグラフの名機であるキャリバー7750に組み合わせることで、2つの複雑機構の同時搭載を実現させたユニークなモデルとなっている。 

31mmデイトジャストのステンレススチール+ホワイトゴールドコンビモデルに新バージョン

ロレックスを代表するドレスウオッチ、「デイトジャスト」。そのレディス向け31mm径のホワイトロレゾール(ステンレススチールとホワイトゴールドのコンビネーション)にニューモデルが誕生した。4つのバリエーションのうち、スポーティな3列リンクのオイスターブレスレットが2型、クラシカルな5列リンクのジュビリーブレスレットが2型の構成となっている。

ベゼルは共通して固定式のフルーテッドタイプで、18Kホワイトゴールドの煌びやかさが生かされている。1945年から続くデイトジャストの初期モデルも採用していたディテールで、ロレックスのシンボリックなデザインといえる。ダイアルの上面にセットされた高硬度サファイア風防には、こちらも代表的装備であるサイクロップレンズを設置。カレンダーが拡大して見える仕組みになっている。

伝統的な意匠に敬意を表する洗練のクロノグラフ

「タグ・ホイヤー カレラ」は、モータースポーツにインスパイアされたレーシングウオッチとして1963年の誕生以来、率先して新技術が投入されるクラシックかつエレガントなコレクションとされてきた。近年ではアバンギャルドなスケルトンモデルもリリースして人気を博しているが、本機はブランド創立160周年記念ということもあり、ヒストリカルなスタイルを踏襲している。

最新作「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」は、アプライドインデックスやベゼル幅が狭いラウンドケース、スリムなラグ、3連ブレスレットといったアイコニックな意匠を生かしつつ、モダンなタッチが添えられている。古典的だが操作性に優れるプッシュボタン、リューズガードを持たないすっきりさせたデザインも、オリジナルモデル譲りのものだ。

伝説の職人技を解き明かし、IWCポルトガルの時計を味わう

 IWCは、トゥールビヨン装置を継続的に研究・開発しているハイエンドの時計ブランドであり、フライングトゥールビヨンやコンスタントパワートゥールビヨンなどの革新的なストラクチャーウォッチを次々と発表してきました。 今年の4月、IWCは、トゥールビヨンとパーペチュアルカレンダーを組み合わせた、新しい高度な複合機能を発表しました。これは、この2つの完璧な組み合わせと言えます。 今日は、IWCの卓越した技術と絶妙な職人技を示すこの時計についてお話します。一緒に楽しみましょう!

優れた職人技、新しいスイスティトニマスターシリーズの時計を味わう

 ティトニの時計はスイスのグリンケンで生まれました。ブランドの創設者であるフリッツシュリュープは、1919年にジュラの麓に小さな時計スタジオを設立し、息子がプロの時計職人になった後、1952年に立ち上げました。 TITONI Titoniは真新しいブランドであり、Meihuaは1959年から中国市場にも参入しています。2019年までに、Meihuaは家族の第3世代を通過しました。Meihuaブランドも100年間管理されています。今世紀中、Meihuaも すべての時計は、品質を確保するために、スイスのギンケンベルグにある元の工場で設計、組み立て、テストされていることを常に主張してください。 本日は、梅の花の最高の時計職人技を象徴するマスターシリーズの時計を詳しくご紹介しますので、一緒に見ていきましょう。

«123456789101112131415»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by www.handjewelry2016.top 手首アクセサリ2017 、橋本隆史時計屋、信用販売.